blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
双子を育児中のお母さん、集まれぇ!〜さくらんぼの日〜
0
    毎月第3火曜日は、双子、みつご家庭の会「さくらんぼ」の日です。
    今月18日(火)は、4か月の双子の赤ちゃんを育てているお母さんや、双子が保育園に入園したので下の子を連れて遊びに来たお母さんが顔をだしてくれました。
    お子さんが双子ではないお母さんも、「かわいいね〜」と
    双子の赤ちゃんを見に来たり、抱っこしながら一緒におしゃべりしました。
    「今日は一人は抱っこひもを使って、もう一人は抱えてきたよ。」
    「ベビーカーは一人用を使って、もう一人はおんぶして移動してる。」
    「産院はどこだった?」
    など、話はつきません。
    双子の出産・育児は、一人の子や年の違う兄弟の子育てとまた違った大変さや不安があります。
    同じ立場の人同士で話して共感したり、情報交換したり、自分の子より
    大きい子の様子を聞いたりすることで少し先が見えてくることもあるので、
    このような交流の場を大切にしています。
    双子の出産、育児について不安や心配ごとがあるとネットで情報を集めるけれど、
    その情報でさらに不安になる、と言っていたお母さんが、
    「今日は生の声が聞けて少し心が軽くなりました」と帰っていったのが印象的でした。

    | AiAiスタッフ | 双子の生活 | 08:48 | comments(0) | - | - | - |
    春休みのおさんぽ隊〜お兄ちゃん、お姉ちゃんと…〜
    0

       

       

       

      今回のおさんぽ隊は春休みで小学生も参加。

       

      初めに読み聞かせをしてくれました。

      ちょっとドキドキしていますね。

       

       

      でも、小さな子どもたちはしっかりと耳と目を傾けています。

       

       

      さぁ、おさんぽに出発です。

      お兄ちゃんに手をつないでもらって、ごきげんなTくんです。

       

       

       

       

      こちらは、お兄ちゃんと協力して水を汲んでいます。

       

       

       

      何をしているかというと、砂場に水を流し込みダムを作っています。

      「そこ、踏まないで〜!」

      「水が行くよ〜!」

      「ふんだら崩れちゃうよ〜」

      自然に子ども同士のコミュニケーションが生まれます。

       

       

      学校や保育園のお休みの日は、

      お兄ちゃん、お姉ちゃんとたくさん遊ぶことができてうれしいね。

       

      | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 08:33 | comments(0) | - | - | - |
      ゆっくり休んでね。
      0

         

        ほんの数日前に保育園に入園したIくん。

         

        慣らし保育帰りにAiAiに遊びにきました。

         

        いつも元気に遊んでいたI君。

         

        今日は…ZZZ おやすみおやすみ

         

        新しい環境でいっぱい頑張ったんだね。

         

        ゆっくりおやすみ…ハート

        | AiAiスタッフ | 今日のAiAi | 15:47 | comments(0) | - | - | - |
        3月は満開
        0

           

           

          3月のAiAiは、よりいっそう賑やかでした。

          特に保育園や小学校が春休みに入ると、毎日たくさんの子どもたちが来館しました。

           

          大きな子どもたちが遊びに来ると、小さな赤ちゃんを持つお母さんは、子どもたちのあまりの元気の良さに戸惑いを感じているかもしれません。

          スタッフは、元気で活発に動く子ども達に対して、子どもの自然な行動と受け止めながらも、その時その場の状況に応じて必要な言葉がけをし、子どもたちが自分で考えて行動できるように伝えていきたいと思っています。

          たとえば「小さな赤ちゃんがハイハイしているから、走る場所を考えてね」とか「赤ちゃんがねんねしているから、ちょっと小さい声でおしゃべりしてね」とか。

          それが、AiAi(子育て広場)にいる大人の役割だと考えていて、それができていると、小さな赤ちゃんから小学生まで、いろんな年の子どもが一緒に過ごすことができるのだと思います。

           

          いま遊びに来る大きな子どもたちは、みんな小さな頃からAiAiを利用してきた子です。

          遊びをたくさん知っていて小さな子どもが思いつかない遊び方を色々と見せてくれ、小さな子どもにとってとても刺激になります。

          体をたくさん使って遊んだり、本を読んでもらったり、パズルを教えてもらったり、とちょっと大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんととても自然に遊びます。

          大きい子が小さい子どもたちと同じ空間で遊ぶにはどんな配慮が必要かを大人が伝えながら、異年齢の子同士の関わりを保障してあげられる… 3月はそういう点では子どもたちのエネルギーの花が満開!スタッフは奮闘!!の月なのです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          さて、この日は、AiAi文庫で三人だけの時間を持つ親子、お母さんのひざの中で安心して二人の時間を楽しむ子、一人遊びがしたくて床に電車のレールを広げる子、などたくさんの親と子がそれぞれの過ごし方をしていました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          少し前まで、所狭しと駆け回っていた3歳の子どもたちが、それぞれに保育園や幼稚園に入園し新しい環境に入って行きました。

          寂しくなりますが、どの子もその子らしく過ごし健やかに育つことを心から願っています。

           

           

           

           

          | AiAiスタッフ | 今日のAiAi | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
          お母さんの読み聞かせ
          0

             

             

            自分の子に絵本を読んでいたら、他の子も集まってきたよ。

            みんなで一緒に絵本タイム。

            お母さんのあたたかな声が子ども達を包む、穏やかな時間が流れます。

            読み終わると、パッと子どもたちは別の遊びを始めたりどこかへ走っていったり。

            自然に始まる、というところがいつもいいなあと感じるお母さんと子ども達の絵本です。

            | AiAiスタッフ | 絵本となかよし | 10:41 | comments(0) | - | - | - |
            春を感じるおさんぽ隊
            0

               

               

               

              風はまだ冷たいけれど、おひさまの陽が暖かく感じる日のおさんぽ隊でした。

               

              「おひさま あはは」と絵本を読み始めると,

              砂場で遊んでいた子たちは手にスコップを持ったままじーっと絵本を見つめ、耳を傾けていました。

               

               

               

              絵本の後はかごを持っておさんぽへ出発!

              AiAi前の池の氷も半分以上溶け、水路の水も勢いよく流れています。

              池の周辺を時々立ち止まりながら親子でゆっくり歩き、大人はふきのとう探しも楽しみました。

              少しずつ春めいてきましたね。

               

              焚き火のところに戻ると、みんなでお弁当タイムになりました。

               

              あったかいお味噌汁を食べたら、体もぽかぽかに。

              みんなで食べるとおいしくて子どもたちもたくさん食べていましたよ。

               

              AiAiの中へ遊びに行く子を見送った後は、

              男の子とスタッフで再びかごを持ってどんぐり拾いへGo! 

              どんぐり、どんぐりと言いながら松ぼっくりを次々にかごに入れ、

              「せんせい(スタッフ)に見せる」と山盛りになるほどたくさん拾い、頑張って焚き火のところまで運びました。

              「わあ〜、いっぱい拾ったね」とスタッフ。とっても満足そうな顔をしていました。

              落ち葉もたくさん集めては、焚き火の中にバサーッ。

               

              小さくなっていた火がまた大きくなるのもおもしろいみたい。

               

              突然、男の子が高い木の上の方を見て「あ!なにかいる」と指さしました。

              お母さんと弟と一緒に砂場に来ていた女の子もスタッフもみんなで見上げて「何?何?どこ?どこ?」。

              鳥とか巣とか何か「これ」というものはわからなかったけれど、

              木の枝が風に揺れているのをみんなで見上げていた時間はとても心地よかったです。

               

               

              その後もセミの抜け殻を見つけたり、水路に落ち葉を投げ入れたりしました。

              砂場では水を使っての砂遊びを楽しみました。

              落ち葉を投げるのも、砂遊びも、一緒に遊ぶ子がいると楽しさも倍増。

               

              とてもいきいきしていた子どもたちでした。

               

              | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
              新しい年に気持ちを寄せて
              0

                 

                 

                2016年最後のリフレッシュ講座「しめ縄づくり講座」

                 

                しめ飾りは、神聖な場所をさし示す印として飾られます。

                古い年の不浄を断ち、家を清め、悪いものを寄せ付けないという意味

                があります。

                 

                この日は伝統的なしめ飾りを華やかに、そして自由に飾ってもらいたいと

                思い、材料を準備しました。

                 

                ヌードのしめ縄の他に、水引、紙垂、ペーパーフラワー、松、、松ぼっくり、

                ナンテンなど。

                 

                10名の参加者は、皆さん黙々と手を動かしていました。

                 

                 

                 

                 

                 

                出来上がったしめ飾りはどれも個性的で素敵なものばかりでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                日々の子育て生活では、何かひとつのことに没頭するという機会が

                少ないお母さんたちに、ほんのひと時でしたが、無心に制作活動に集中する

                という時間を持ってもらえました。

                 

                お手製のしめ飾りで迎えられた新しい年は、きっと良い年になるでしょう!

                お祈りしております!

                 

                講座講師 Sさん

                | AiAiスタッフ | 子育て講座・リフレッシュ講座 | 08:38 | comments(0) | - | - | - |
                2017明けましておめでとうございます
                0

                   

                  明けましておめでとうございます。

                  今年も、AiAiでたくさんの親子をあたたかく迎えられるよう、

                  スタッフ一同精進いたします。

                   

                  よろしくお願い申し上げます。

                   

                   

                  さて、1月7日(土)

                  2017年度、初めての開館日です。

                   

                  少し寒い日でしたが、開館するとたくさんの子ども達が遊びにきました。

                  普段、保育園に行っている子も元気な顔を見せに遊びに来てくれました。

                   

                  お母さん達もご飯を食べながら、話がはずんでいましたよ。

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、この後ろ姿は久しぶりに来たTくんです。

                  スタッフと新年一発目の戦いごっこをしました。

                   

                  今年もたくさん遊ぼうね。

                   

                  | AiAiスタッフ | スタッフのつぶやき | 08:17 | comments(0) | - | - | - |
                  皆様、よいお年をお迎えくださいね
                  0

                     

                    2016年もあと3日となりました。

                     

                    皆様、小さな子どもたちをどのような年末をお過ごしでしょうか?

                     

                     

                    さて、AiAiは26日に今年最後の開館日を無事終え、

                    27日にはスタッフ総出で大掃除を行いました。

                     

                    普段の掃除ではやりきれていないところを重点的に。

                     

                    主婦が多く集まると、本当にサクサクと作業が進みます。

                     

                    あっという間にきれいになりました。

                     

                    当日はあいにくの雨で、窓の外側を拭くことができませんでしたが、

                    内側は、このとおり、スタッフの子どもたちが一生懸命きれいにしてくれました。

                    ありがとう!!

                     

                    みんな、まだ園児ですが、AiAiでこうやって働いてくれている姿は

                    まるで小学生です。たのもしい。

                     

                     

                    新しい年が、子どもたち、保護者のみなさんにとって、幸せ多き年になりますよう、

                    心からお祈り申し上げます。

                     

                     

                    そして、来年もAiAiは子育ての場としてみなさんの日常のもっともっと寄り添える広場を目指して

                    スタッフ一同精進します!

                    どうぞよろしくお願い申し上げます。

                     

                     

                    | AiAiスタッフ | スタッフのつぶやき | 09:42 | comments(0) | - | - | - |
                    秋深し、親子でカラフルな秋を満喫
                    0

                      秋晴れの気持ちいい一日

                      おさんぽ隊日和です‼
                      4組の親子の参加がありました。
                      AiAi前で絵本を読んで、かごを小さな手に握りしめて、いざ出発!

                       



                      どんぐり、まつぼっくり、赤や黄色の葉っぱ、赤い実、青い実、カエルさん…たくさんの出会いがあります。
                      「あっ。」と言って、嬉しそうに一つ一つひろってながめて、かごにいれたり、お母さんに渡したり、そのままポイってしたり…
                      Mちゃんはお母さんときのこ(ジコボウ)をたくさん収穫してました♪

                       



                      ゆっくりゆっくりと山道のおさんぽを楽しんで、火をおこしてくれている広場に到着。
                      赤く紅葉のきれいなひだまりでさっそくTKくんは川でじゃぶじゃぶ(笑)、他の子もぶらんこ、すべり台…と各々で思いのままに遊びます。

                      今回は透明のプラスチックコップや白い紙、ポスターカラー、ボンド、テープなどを用意したので、ひろってきたたくさんの木の実や落ち葉で工作してみました‼
                      コップの中にどんぐりやまつぼっくりを入れて、もうひとつのコップを重ねてテープでとめると…
                      シャカシャカシャカ♪マスカラ‼
                      さらに、そのコップに集中して一心に絵を描くTMくん画伯!
                      葉っぱやどんぐりにハロウィンの顔を描いてみたら、それもまたかわいい。
                      木の実でお絵描きもチャレンジしましたが、同じ黒い実でも描いてみると紫色になったり、緑色になったりと意外な発見もありました。

                       

                       



                      たき火ではニンジンのグラッセと焼きいもがホカホカとできあがって、お弁当のお供に。肌寒くなってきて焼きいもがより一層おいしい季節。Mさんからさつまいもの差し入れもさらにいただいて、焼きいもパーティでした‼(笑)お腹も心も大満足♪Mさん、ごちそうさまでした‼
                      Yくんはお昼ごはんのあとも落ち葉の上でそりを楽しんでいました!

                      おさんぽ隊では自然の中でそれぞれのペースでそれぞれの遊びを楽しんでいます。
                      そこに他の子との関わりがあったり、お母さん同士でそのやりとりの見守りがあって、新たな我が子の一面を発見したり…自然の中ではそんな場面が生まれてきやすいのかなと思います。
                      スタッフはそのお手伝いやサポートをしていけたらと思いますので、どうぞお気軽にご参加くださいね♪
                      お友だちとのおさんぽはまた一段と面白いですよ。お子さんの新たな一面の発見もあるかもしれません。お待ちしてます!
                       

                      | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 11:11 | comments(0) | - | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      bolg index このページの先頭へ