blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
さくらんぼ春の交流会
0

     

     

     気持ちよく晴れたゴールデンウイーク最終日、ふたご・みつごの会「さくらんぼ」の交流会を、町民ひろばキャンプ場で開催しました。北杜市、富士見町、茅野市、松本市から12組の親子が集まり賑やかな一日となりました。

     

     双子育児についてお母さんたちと話をすると、外遊びをさせたいけれど外出するのも大変だし目も行き届かないからなかなか出来ないという声が多く、特に1歳の子のお母さんたちから聞かれました。

     この交流会自体が、子どもと外出して外で遊ぶ貴重な機会となっていて、他の親子と話したり一緒に遊ぶことをとても楽しみにしてきたことがお話の中から伝わってきました。

     他に、「目の行き届くこども館やAiAiに行ったり、富士見町図書館から電車を見るのもおすすめ」「小さい公園を探して行っているんだけど他に遊んでいる人がいないのよね」などの情報交換もしました。

     

     

     お母さんたちのおしゃべりの間、子ども達はというと、他の子が楽しそうにそり遊びをしているのを見て親から離れてそりに乗ってみたり、カエルをつかまえる子、工作や砂遊びに熱中する子など、それぞれ夢中になって遊んでいました。

     お父さんたちはそんな子どもたちの姿を嬉しそうに見守ったり一緒に遊んでいました。

     

     

     

     

     

     

    子ども同士の異年齢での交流が良かった、育児のことが話せて良かったとお母さんたちは帰っていきました。

     他の双子家庭の様子を見たり、少しでもおしゃべりしたことが明日からの育児も頑張ろう!という力になれば嬉しいです。

     

    | AiAiスタッフ | 双子の生活 | 09:22 | comments(0) | - | - | - |
    ダンボールハウスリニューアル!!
    0

       

      ついに完成しました、AiAiボランティアのサブスタッフお手製、3代目(?)ダンボールハウス‼

      (私が知る限りでは今回3代目のダンボールハウス)

      ちなみに2代目?のダンボールハウスは、悲しいことに、のびのび遊ぶ子どもたちにより広場に出してすぐ崩壊…。子どもの力をあなどっていました(笑)

       

      こちらも負けじと何度も修理に修理を重ね、2代目は半年くらいは持ち堪えてくれたかな。とにかく何にでもどんな所にでも興味を示す子どもたち。貼ってあるものは剥がしたいっ!屋根があったら上りたいっ!お店風に作ったカウンターはカウンターではなく踏み台に…(汗)。私たちの想像を遥かに超えた子どもたちの遊び方に、2代目ダンボールハウス、よく頑張ってくれました。

      そこで今回作製した“3代目ダンボールハウス”、私たちの想像をことごとく裏切る(笑)子どもたちの遊び&行動に負けないように、サブスタッフ皆で試行錯誤しながら、とにかく強くて丈夫に作りました。

       

       

      何とベースに木材を使用!これはもはやダンボールハウスではなぁいっ!!

      でも危なくないように木材をダンボールや牛乳パックで包み、木材剥き出しではありませんのでご安心下さい。サブスタッフが総力を挙げて安全を第一に広場で遊ぶ子どもたちのことを思いながら作りました。
      これなら子どもたちにもちょっとやそっとでは負けないだろうと、サブスタッフは期待大。

       

      先週、広場にお目見えしましたので、ぜひ楽しんで下さい。

      3代目ダンボールハウス、子どもたちの遊びをどれだけ膨らませてくれるかなぁ…ドキドキ…

       

      (サブスタッフHY)



       

      | AiAiスタッフ | ステキなおもちゃ | 08:24 | comments(0) | - | - | - |
      すぐれもの!タープの風よけ♥
      0

         

         

         

        先月の青空AiAiは、お日さまが出たかと思うと急にパラパラと雨が降ったり、またまたお日さまが現れたりと、気まぐれなお天気の中、外遊びを楽しみました。

         

        タープのサイドに、シートを張って、、と準備が出来たかと思ったら、早速雨が!

         

        でも、このタープの中、これがまた、なかなか温かくて濡れなくて、落ち着くんです。
        つみきをしたり、お絵かきしたり…雨音をききながら、こんな野外での過ごし方、一人じゃ出来ないね。楽しいね。なんて話も出ていました。
        桜も綺麗でしたよー。お花見も楽しめました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        追伸

        青空AiAiはしっかり雨が降っている日は中止となります。今日は、開催してるかな?と思う日は、AiAiまでお問い合わせください。

        | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 11:13 | comments(0) | - | - | - |
        満開🌸
        0

           

           


          AiAiの回りの桜もいよいよ満開になりました。来週いっぱいが、見頃になりそうです。駐車場は只今、花盛り!

           



          橋の上から池の回りの桜を見ると、もう少しで満開になりそうです。
          今年は少し肌寒くていつもより長い期間、桜の花を見られている気がします。

           

          GWのはざま、唯一の開館日、2日はぜひAiAiへ

           

          🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

          GW中、AiAi休館で残念です。

          でもAiAi周辺に、お花見さんぽにどうぞおでかけください♥

          | AiAiスタッフ | AiAiの仲間たち〜草花編〜 | 22:14 | comments(0) | - | - | - |
          双子を育児中のお母さん、集まれぇ!〜さくらんぼの日〜
          0
            毎月第3火曜日は、双子、みつご家庭の会「さくらんぼ」の日です。
            今月18日(火)は、4か月の双子の赤ちゃんを育てているお母さんや、双子が保育園に入園したので下の子を連れて遊びに来たお母さんが顔をだしてくれました。
            お子さんが双子ではないお母さんも、「かわいいね〜」と
            双子の赤ちゃんを見に来たり、抱っこしながら一緒におしゃべりしました。
            「今日は一人は抱っこひもを使って、もう一人は抱えてきたよ。」
            「ベビーカーは一人用を使って、もう一人はおんぶして移動してる。」
            「産院はどこだった?」
            など、話はつきません。
            双子の出産・育児は、一人の子や年の違う兄弟の子育てとまた違った大変さや不安があります。
            同じ立場の人同士で話して共感したり、情報交換したり、自分の子より
            大きい子の様子を聞いたりすることで少し先が見えてくることもあるので、
            このような交流の場を大切にしています。
            双子の出産、育児について不安や心配ごとがあるとネットで情報を集めるけれど、
            その情報でさらに不安になる、と言っていたお母さんが、
            「今日は生の声が聞けて少し心が軽くなりました」と帰っていったのが印象的でした。

            | AiAiスタッフ | 双子の生活 | 08:48 | comments(0) | - | - | - |
            春休みのおさんぽ隊〜お兄ちゃん、お姉ちゃんと…〜
            0

               

               

               

              今回のおさんぽ隊は春休みで小学生も参加。

               

              初めに読み聞かせをしてくれました。

              ちょっとドキドキしていますね。

               

               

              でも、小さな子どもたちはしっかりと耳と目を傾けています。

               

               

              さぁ、おさんぽに出発です。

              お兄ちゃんに手をつないでもらって、ごきげんなTくんです。

               

               

               

               

              こちらは、お兄ちゃんと協力して水を汲んでいます。

               

               

               

              何をしているかというと、砂場に水を流し込みダムを作っています。

              「そこ、踏まないで〜!」

              「水が行くよ〜!」

              「ふんだら崩れちゃうよ〜」

              自然に子ども同士のコミュニケーションが生まれます。

               

               

              学校や保育園のお休みの日は、

              お兄ちゃん、お姉ちゃんとたくさん遊ぶことができてうれしいね。

               

              | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 08:33 | comments(0) | - | - | - |
              ゆっくり休んでね。
              0

                 

                ほんの数日前に保育園に入園したIくん。

                 

                慣らし保育帰りにAiAiに遊びにきました。

                 

                いつも元気に遊んでいたI君。

                 

                今日は…ZZZ おやすみおやすみ

                 

                新しい環境でいっぱい頑張ったんだね。

                 

                ゆっくりおやすみ…ハート

                | AiAiスタッフ | 今日のAiAi | 15:47 | comments(0) | - | - | - |
                3月は満開
                0

                   

                   

                  3月のAiAiは、よりいっそう賑やかでした。

                  特に保育園や小学校が春休みに入ると、毎日たくさんの子どもたちが来館しました。

                   

                  大きな子どもたちが遊びに来ると、小さな赤ちゃんを持つお母さんは、子どもたちのあまりの元気の良さに戸惑いを感じているかもしれません。

                  スタッフは、元気で活発に動く子ども達に対して、子どもの自然な行動と受け止めながらも、その時その場の状況に応じて必要な言葉がけをし、子どもたちが自分で考えて行動できるように伝えていきたいと思っています。

                  たとえば「小さな赤ちゃんがハイハイしているから、走る場所を考えてね」とか「赤ちゃんがねんねしているから、ちょっと小さい声でおしゃべりしてね」とか。

                  それが、AiAi(子育て広場)にいる大人の役割だと考えていて、それができていると、小さな赤ちゃんから小学生まで、いろんな年の子どもが一緒に過ごすことができるのだと思います。

                   

                  いま遊びに来る大きな子どもたちは、みんな小さな頃からAiAiを利用してきた子です。

                  遊びをたくさん知っていて小さな子どもが思いつかない遊び方を色々と見せてくれ、小さな子どもにとってとても刺激になります。

                  体をたくさん使って遊んだり、本を読んでもらったり、パズルを教えてもらったり、とちょっと大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんととても自然に遊びます。

                  大きい子が小さい子どもたちと同じ空間で遊ぶにはどんな配慮が必要かを大人が伝えながら、異年齢の子同士の関わりを保障してあげられる… 3月はそういう点では子どもたちのエネルギーの花が満開!スタッフは奮闘!!の月なのです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、この日は、AiAi文庫で三人だけの時間を持つ親子、お母さんのひざの中で安心して二人の時間を楽しむ子、一人遊びがしたくて床に電車のレールを広げる子、などたくさんの親と子がそれぞれの過ごし方をしていました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  少し前まで、所狭しと駆け回っていた3歳の子どもたちが、それぞれに保育園や幼稚園に入園し新しい環境に入って行きました。

                  寂しくなりますが、どの子もその子らしく過ごし健やかに育つことを心から願っています。

                   

                   

                   

                   

                  | AiAiスタッフ | 今日のAiAi | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
                  お母さんの読み聞かせ
                  0

                     

                     

                    自分の子に絵本を読んでいたら、他の子も集まってきたよ。

                    みんなで一緒に絵本タイム。

                    お母さんのあたたかな声が子ども達を包む、穏やかな時間が流れます。

                    読み終わると、パッと子どもたちは別の遊びを始めたりどこかへ走っていったり。

                    自然に始まる、というところがいつもいいなあと感じるお母さんと子ども達の絵本です。

                    | AiAiスタッフ | 絵本となかよし | 10:41 | comments(0) | - | - | - |
                    春を感じるおさんぽ隊
                    0

                       

                       

                       

                      風はまだ冷たいけれど、おひさまの陽が暖かく感じる日のおさんぽ隊でした。

                       

                      「おひさま あはは」と絵本を読み始めると,

                      砂場で遊んでいた子たちは手にスコップを持ったままじーっと絵本を見つめ、耳を傾けていました。

                       

                       

                       

                      絵本の後はかごを持っておさんぽへ出発!

                      AiAi前の池の氷も半分以上溶け、水路の水も勢いよく流れています。

                      池の周辺を時々立ち止まりながら親子でゆっくり歩き、大人はふきのとう探しも楽しみました。

                      少しずつ春めいてきましたね。

                       

                      焚き火のところに戻ると、みんなでお弁当タイムになりました。

                       

                      あったかいお味噌汁を食べたら、体もぽかぽかに。

                      みんなで食べるとおいしくて子どもたちもたくさん食べていましたよ。

                       

                      AiAiの中へ遊びに行く子を見送った後は、

                      男の子とスタッフで再びかごを持ってどんぐり拾いへGo! 

                      どんぐり、どんぐりと言いながら松ぼっくりを次々にかごに入れ、

                      「せんせい(スタッフ)に見せる」と山盛りになるほどたくさん拾い、頑張って焚き火のところまで運びました。

                      「わあ〜、いっぱい拾ったね」とスタッフ。とっても満足そうな顔をしていました。

                      落ち葉もたくさん集めては、焚き火の中にバサーッ。

                       

                      小さくなっていた火がまた大きくなるのもおもしろいみたい。

                       

                      突然、男の子が高い木の上の方を見て「あ!なにかいる」と指さしました。

                      お母さんと弟と一緒に砂場に来ていた女の子もスタッフもみんなで見上げて「何?何?どこ?どこ?」。

                      鳥とか巣とか何か「これ」というものはわからなかったけれど、

                      木の枝が風に揺れているのをみんなで見上げていた時間はとても心地よかったです。

                       

                       

                      その後もセミの抜け殻を見つけたり、水路に落ち葉を投げ入れたりしました。

                      砂場では水を使っての砂遊びを楽しみました。

                      落ち葉を投げるのも、砂遊びも、一緒に遊ぶ子がいると楽しさも倍増。

                       

                      とてもいきいきしていた子どもたちでした。

                       

                      | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ