blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
<< 新しい年に気持ちを寄せて | main | お母さんの読み聞かせ >>
春を感じるおさんぽ隊
0

     

     

     

    風はまだ冷たいけれど、おひさまの陽が暖かく感じる日のおさんぽ隊でした。

     

    「おひさま あはは」と絵本を読み始めると,

    砂場で遊んでいた子たちは手にスコップを持ったままじーっと絵本を見つめ、耳を傾けていました。

     

     

     

    絵本の後はかごを持っておさんぽへ出発!

    AiAi前の池の氷も半分以上溶け、水路の水も勢いよく流れています。

    池の周辺を時々立ち止まりながら親子でゆっくり歩き、大人はふきのとう探しも楽しみました。

    少しずつ春めいてきましたね。

     

    焚き火のところに戻ると、みんなでお弁当タイムになりました。

     

    あったかいお味噌汁を食べたら、体もぽかぽかに。

    みんなで食べるとおいしくて子どもたちもたくさん食べていましたよ。

     

    AiAiの中へ遊びに行く子を見送った後は、

    男の子とスタッフで再びかごを持ってどんぐり拾いへGo! 

    どんぐり、どんぐりと言いながら松ぼっくりを次々にかごに入れ、

    「せんせい(スタッフ)に見せる」と山盛りになるほどたくさん拾い、頑張って焚き火のところまで運びました。

    「わあ〜、いっぱい拾ったね」とスタッフ。とっても満足そうな顔をしていました。

    落ち葉もたくさん集めては、焚き火の中にバサーッ。

     

    小さくなっていた火がまた大きくなるのもおもしろいみたい。

     

    突然、男の子が高い木の上の方を見て「あ!なにかいる」と指さしました。

    お母さんと弟と一緒に砂場に来ていた女の子もスタッフもみんなで見上げて「何?何?どこ?どこ?」。

    鳥とか巣とか何か「これ」というものはわからなかったけれど、

    木の枝が風に揺れているのをみんなで見上げていた時間はとても心地よかったです。

     

     

    その後もセミの抜け殻を見つけたり、水路に落ち葉を投げ入れたりしました。

    砂場では水を使っての砂遊びを楽しみました。

    落ち葉を投げるのも、砂遊びも、一緒に遊ぶ子がいると楽しさも倍増。

     

    とてもいきいきしていた子どもたちでした。

     

    | AiAiスタッフ | おさんぽ隊 | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする


      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ