blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
<< いつまでも… | main | 粘土あそび >>
信じる
0

    我が家の4歳のふたご おーくんとおとちゃん。

    今日は、おとちゃんのお話。

     

    2歳の妹に自分の折り紙をわけてあげようとしています。

    「何色でもいいよ。あ、きんぴらはダメ!きんぴらダメだよ!」

          ・・金色のことね。母、大爆笑。

    「きんぴらは、おとちゃんの!」と、きんぴらを連呼。

     

    そんな楽しいおとちゃんですが、どうしても苦手なことが

    ありました。

    耳そうじとトイレで大をすること。

    中耳炎になったり、耳垢が固まって薬を入れて取ったり、

    と耳鼻科に頻繁に通ったせいか、耳掃除への抵抗が半端じゃない。

    大変な症状になる前に!と母が意気込むほど、抵抗は激しくなる一方。

     

    2歳でオムツはとれたのに、大だけできず、パンツで1年半くらい

    頑張ったけど、母のストレスもあり、またオムツに戻ってしまった

    4歳のおとちゃん。

    もう4歳なのに!なんでできないの?なんで言わないの?

    そんな気持ちを持ってしまい、ついついきつく言ってしまう母。

    924gと小さく産まれたのだから、体の機能が未発達なのでは?と

    病院も受診しました。問診では異常なさそうと言われ、様子を

    見るも、全く好転せず。

    もうすぐプール遊びの時期。トイレでちゃんとできたら

    プールに入れるよ!と励ましたり、今年もプールはダメかなと

    諦めが入ったり。

     

    母は、本当にどうしていいかわからず、海よりも深く悩んでいた

    のに、ある日突然、「できたよ〜♪」とトイレからおとちゃんの声。

    本当に出来ていました!! 一人で。その後も一切失敗なし。

    さらに同時期に耳掃除もクリア。急に借りてきた猫状態。

    え〜?あの悩んだ日々はなんだったの?

    あっさり問題解決。

     

    後から私の姪(5歳)も大だけできず、小児科受診したら、

    赤ちゃん返りなのでは、と言われたと聞きました。

    (心の声:もっと早く言ってよ〜)

     ああ、そうか、赤ちゃん返りだったのかも。心にすとんと落ちました。

     産まれた時から、あまり泣いたりぐずったりせず、おとなしく一人で寝ていた

     おとちゃん。

     おーくんが、とにかくギャーギャー泣き、3歳近くまで歩かなかったから、

     母はいつもおーくんを抱っこやおんぶして病院やリハビリ通い。

     おとちゃんを歩かせていました。

     ダメ押しで、2年後には妹も生まれ、さらに抱っこの機会が減ったおとちゃん。

     さみしかったのかな。甘えたかったのかな。

     

     おとちゃんは、自分でちゃんとトイレでできるよ。

     耳掃除もちゃんとできるよ。 って、信じて待ってあげたら良かった。

     お母さんは信じてるよ、ちゃんと見ているよ、大好きだよ って

     伝え続けていれば良かった。

     出来ないことだけを見てガミガミ言ったり悩んでいないで、もっと

     いろんな視点で考えたり周りをみよう、子どもの力を信じようと

    思う母。 子どもに育てられています。 
    | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 16:39 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする


        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ