blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
双子の生活 〜祝・5歳とさくらんぼ〜
0

    さる1020日、我が家のふたごたちは5歳になりました!

    長かったような、あっという間だったような5年間。

    あなたたちが生まれたときの話を、たっぷりしてあげるね。

    1000g前後で生まれたあなたたち。

    まわりの人たちの愛情とささえがあって、今があるんだよ。

     

    そしてその1020日。さくらんぼの焼き芋会の日でもありました!

    富士見町近隣から、12家族44名が参加。そのうち子どもは30人。

    雨天のため、今回初めてAiAiで行いました。

    姉妹ママが、ともに子どもが双子!で、今回初めてそのお姉さんの方も参加してくださいました。
     

    パパも雨で室内だったためかいつもより少なかったけれど、数人参加してくれました。

     

    簡単な交流ビンゴゲームで盛り上がった後は、

    美味しい豚汁と、差し入れのゆで卵、りんご、

    パンプキンケーキを頂きながら、自己紹介。


    その後は、お互いの子ども達の成長ぶりに驚いたり、近況を語り合っている大人たちの隣で、1歳〜小学生までの子ども達は折り紙を教えあったり、ふざけあったりと思い思いに楽しい時間を過ごしました。


    不要になった子供服を持ち寄って、無料交換会もしました。

    2つペアになっている服、かわいらしくて着せてみたく

    なりました。 我が家は男女のふたごだから、あまり

    おそろいを着ないので・・・。

     

    晴れていたら、キャンプ場で焼き芋焼いて、土手や林のなかで遊んで・・・といういつもの会ももちろん楽しかっただろうけれど、

    室内でまったりというのも、みんなが近くにいて話しやすくて良かったよ〜、なんて声もありました。

    火をおこすのを楽しみにしていた子ども達や、ダッチオーブン料理担当してくれるはずだったパパたちには、

    ぜひ、次回活躍してもらいましょう。

     

    ふたごが生まれたときのこと、さくらんぼを始めたときのことを

    思い出し、まわりに仲間がいる嬉しさに浸った1020日でした。

    | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 20:35 | comments(0) | - | - | - |
    双子の生活 〜どんぐり ころころ♪〜
    0
       双子の生活 〜どんぐり ころころ♪〜

      保育園の帰り道
      はりきって大声で歌う
      我が家のふたごの4歳児 おーくん。

      「どんぐり ころころ・・・♪
      ・中略・・・
      やっぱり おやまが こいしいも〜♪」

      そこですかさず 横から
      ふたごの4歳児 おとちゃんが一言。
      「ぽ だよ! ぽ! こいしいぽ〜♪」
      「ぽ?」 と、おーくん。
      2歳の妹も一緒に3人で、
      「こいしいぽ〜♪」の大合唱。

      母を笑わせてくれて、ありがとう!!

      | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 16:35 | comments(0) | - | - | - |
      双子の生活〜外へ出よう〜
      0
        今年の夏は暑かったですね。
        庭でプール遊びをしている時は、
        ご機嫌で踊る我が家の4歳のふたご、
        おーくんとおとちゃん。





        日中、外は暑いからと家の中にいると
        お互い、足があたっただの、髪をひっぱっただの、
        後をついてくるだの、言ったことを真似しただの、
        ブロックを取ったの取られたの……

        とにかくギャーギャー、ワーワー、大騒ぎ。
        つられてヒートアップした母の定番セリフは、

        「離れていなさ〜い!!」。


        夕方少し涼しくなったら、それ〜っとみんなで外へ。
        近所の空き地で、草を摘んだり、低いブロック塀の上を歩いたり。
        それぞれ気に入った石探しに没頭したり。

        「これ、つるつるだよ。」
        「きれいでしょ?」
        外に出た途端、あの大騒ぎはウソのように
        ふたごたちも、母もすっかりクールダウン。

        たっぷりある石は取り合うこともなし。
        お気に入りの石を大事に握りしめて、
        家に帰ります。

        外へ出て深呼吸。
        母の方にこそ必要だったのかも。





         
        | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 21:29 | comments(0) | - | - | - |
        信じる
        0

          我が家の4歳のふたご おーくんとおとちゃん。

          今日は、おとちゃんのお話。

           

          2歳の妹に自分の折り紙をわけてあげようとしています。

          「何色でもいいよ。あ、きんぴらはダメ!きんぴらダメだよ!」

                ・・金色のことね。母、大爆笑。

          「きんぴらは、おとちゃんの!」と、きんぴらを連呼。

           

          そんな楽しいおとちゃんですが、どうしても苦手なことが

          ありました。

          耳そうじとトイレで大をすること。

          中耳炎になったり、耳垢が固まって薬を入れて取ったり、

          と耳鼻科に頻繁に通ったせいか、耳掃除への抵抗が半端じゃない。

          大変な症状になる前に!と母が意気込むほど、抵抗は激しくなる一方。

           

          2歳でオムツはとれたのに、大だけできず、パンツで1年半くらい

          頑張ったけど、母のストレスもあり、またオムツに戻ってしまった

          4歳のおとちゃん。

          もう4歳なのに!なんでできないの?なんで言わないの?

          そんな気持ちを持ってしまい、ついついきつく言ってしまう母。

          924gと小さく産まれたのだから、体の機能が未発達なのでは?と

          病院も受診しました。問診では異常なさそうと言われ、様子を

          見るも、全く好転せず。

          もうすぐプール遊びの時期。トイレでちゃんとできたら

          プールに入れるよ!と励ましたり、今年もプールはダメかなと

          諦めが入ったり。

           

          母は、本当にどうしていいかわからず、海よりも深く悩んでいた

          のに、ある日突然、「できたよ〜♪」とトイレからおとちゃんの声。

          本当に出来ていました!! 一人で。その後も一切失敗なし。

          さらに同時期に耳掃除もクリア。急に借りてきた猫状態。

          え〜?あの悩んだ日々はなんだったの?

          あっさり問題解決。

           

          後から私の姪(5歳)も大だけできず、小児科受診したら、

          赤ちゃん返りなのでは、と言われたと聞きました。

          (心の声:もっと早く言ってよ〜)

           ああ、そうか、赤ちゃん返りだったのかも。心にすとんと落ちました。

           産まれた時から、あまり泣いたりぐずったりせず、おとなしく一人で寝ていた

           おとちゃん。

           おーくんが、とにかくギャーギャー泣き、3歳近くまで歩かなかったから、

           母はいつもおーくんを抱っこやおんぶして病院やリハビリ通い。

           おとちゃんを歩かせていました。

           ダメ押しで、2年後には妹も生まれ、さらに抱っこの機会が減ったおとちゃん。

           さみしかったのかな。甘えたかったのかな。

           

           おとちゃんは、自分でちゃんとトイレでできるよ。

           耳掃除もちゃんとできるよ。 って、信じて待ってあげたら良かった。

           お母さんは信じてるよ、ちゃんと見ているよ、大好きだよ って

           伝え続けていれば良かった。

           出来ないことだけを見てガミガミ言ったり悩んでいないで、もっと

           いろんな視点で考えたり周りをみよう、子どもの力を信じようと

          思う母。 子どもに育てられています。 
          | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 16:39 | comments(0) | - | - | - |
          双子の生活〜Happy birthday♪〜夜のおさんぽ〜さくらんぼ〜
          0
             〜Happy birthday♫〜

             保育園から帰ってきた我が家のふたごの一人 おーくん(4歳)。

            「かか〜(お母さん)、いつ誕生日?」と聞くので、

            「5月だよ。もう過ぎちゃったね。」と答えると、

            いきなり、「はぴば〜すで〜つ〜ゆ〜♪・・・」と歌いだし、

            「にあ(dear)かか〜、はぴば〜すで〜つ〜ゆ〜♪おめでと〜」

            と、ニッコニコしながらパチパチと手をたたいてくれる。

             

             嬉しくて、「ありがとね〜」とギューと抱っこすると、

            またまた、「はぴば〜すで〜・・♪」が始まり、何度も何度も

            歌ってくれたのです。 誕生日は過ぎたって言ったのに・・(笑)

             ふたごのもう一人 おとちゃんも可愛い絵を描いてくれました。

             

             本当に嬉しくて、私は心の中がいつまでもぽっかぽか。

             保育園のお迎えに行って、ほぼ毎日「と〜たんがいい〜!」と泣かれても

            「おめでと〜」のニコニコ笑顔を思い出し、ニコニコしていられる母です。

             


                          




            〜夜のおさんぽ〜

            ふたごの妹(2歳)が、夕飯が進まず「いなな〜い(いらない)」

            と言ったので、

            夫に「食べないとお父さんと外にでるよ。」と言われました。

            「外に出すよ」って言いたかったと思うのですが、

            外へお散歩に行くんだ!と勘違いした妹は大喜び♪

            「しょうがないな〜」と言いながら、全部食べたら散歩に行くよ、と夫。

            ふたごも姉も、もちろん妹も頑張って食べ、懐中電灯を持ってウキウキと

            お父さんと散歩へ出かけました。

            近所をぐるっと周るだけの短い散歩だけど、夜のおさんぽはワクワクするんですね。

            しばしの静寂の中、母はゆっくりお茶でも。

            飲み終わる前に「ただいま〜!楽しかったよ♪」と、いつもの騒がしさが

            戻ってきました。もっと、ゆっくりしてきてよかったのよ〜(笑)

             


                               



            〜さくらんぼ〜

            多胎児家庭の会 さくらんぼでは、5月に野外交流会を行いました。

            12家族が集まり、豚汁を食べたり、川で水遊びをしたり。思い思いに楽しい

            時間を過ごしました。

            今週の火曜日のさくらんぼには、AiAiに初めて足を運んでくれた人もいて、

            AiAi偶然同級生に再会!なんて場面もありました。

            今月末には、さくらんぼで飲み会もしますよ。

            人との出会いや、つながりっていいな〜としみじみ思います。



            | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 18:06 | comments(0) | - | - | - |
            双子の生活〜たくさんの手で〜
            0
               4月。

              年中組になり、担任の先生もクラスの友達も変わり、さらに二人が違うクラスになった我が家のふたご。

              毎朝、2歳児クラスに新しく入った末っ子の妹を上回る泣きっぷり。

              文字通り3人を抱えて(だっこでもおんぶでもなく、抱えて…)やっと保育園に到着し、先生に「大丈夫ですよ。お母さんも大変でしたね。」と声をかけてもらったら、思わずポロッ…、私まで涙がこぼれてしまいました。


              そんな朝の光景がウソのように、帰宅すると笑顔の子どもたちは家の前の道路で、三輪車、自転車、なわとび、ボール遊びに夢中。

              近所の小学生のお姉ちゃんたちが一緒に遊んでくれます。
              もちろん我が家のお姉ちゃんも、ふたごの妹が転んで泣いたり、自転車がこげなくて怒ったり、取り合いでけんかしていると、とってもやさしく助けてくれるんです。



              またあるとき、隣の家のおじさんが、缶ぼっくりに挑戦していたお〜くんにずーっと付き添って一緒に遊んでくれたこともありました。
              普段から子どもたちの遊ぶ様子を見守ってくれたり、よく声をかけてくれたりと、とてもかわいがってくれます。


              ふたご育児をしていると、周りの人たちの助けが身にしみて本当にありがたく感じます。同年齢だからか、要求も甘えも同時に来ることが多く、母親一人では対応しきれません。
              私自身ついイライラして丁寧な対応ができないとき、近所のお姉ちゃんたちやおじさん、先生方などなどまわりのたくさんの人たちの助け、たくさんの手に支えられて子育てしているな〜としみじみ感じ、笑顔で丁寧に子どもたちに向き合うことを教えられています。





              | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 17:28 | comments(0) | - | - | - |
              双子の生活〜スキンシップ〜
              0
                 久しぶりのアップです。双子の生活…。


                インフルエンザ大流行ですね。

                双子の通う保育園も先週は休園でした。

                小学2年の姉は、毎日お休みの双子たちをうらやましがりつつも元気に登校。

                うちで過ごす年少組の双子(4歳)と2歳の妹も元気いっぱい。
                おさんぽや雪遊びを楽しみました。



                さて、外を歩くとき、まだまだ手をつないでいないと心配なのですが、双子と妹の計3人とつなぐのがなかなか大変…。

                母の2本しかない手の奪い合い。

                つい、一番小さい妹と、歩きがまだまだぎこちない双子のお〜くんの手をつないでしまう母。
                双子のおとちゃんは母の服につかまります。

                幼いころから、お〜くんに手がかかったので、おとちゃんには我慢させてきたな〜、という思いがあるのに、やっぱり我慢させてしまいます。

                家にいるときは、なるべくおとちゃんを抱っこやおんぶするようにしています。



                休園でせっかく時間がたっぷりあったから、絵本もたくさん読みました。
                (ここでもまた、母のひざの上の取り合いが…。)

                妹にと買った「きゅっ きゅっ きゅっ」(林明子作)という本。

                「(スープを)おなかにこぼした」「ふいてあげるね きゅっ きゅっ きゅっ」
                にあわせて、子ども達のおなかをきゅっ きゅっ きゅっとふくと大喜び!!

                手も足もきゅっ きゅっ。

                何度も何度も繰り返しながら、母もほわっと幸せな気分になりました。



                | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 20:57 | comments(0) | - | - | - |
                双子のいる生活
                0
                  双子育児のお話し、本当に長い間(2年も!)お休みしてしまいました。

                  その間に、双子三つ子と親の会“さくらんぼ”には、参加される親子が増えてきました。

                  年2回春、秋に開催する野外さくらんぼ(焼き芋会)にも、毎回12〜15組の家族が諏訪市、茅野市、原村、富士見町から参加し、双子たちと兄弟姉妹、お父さん、お母さん同士の交流も広がってきました。

                  妊婦さんで参加していたお母さんが出産し、双子ベビーたちを連れてきてくれています。

                   

                   そして、“双子ちゃんとお姉ちゃん”と題してつづってきた我が家の双子たちの様子ですが、現在お姉ちゃんは小2、双子は3歳8ヶ月(保育園年少)、さらになんと妹(1歳5ヶ月)まで誕生しました!!!

                  双子がお兄ちゃんお姉ちゃんになってしまったので、タイトルは“双子の生活”とでもしましょうか。

                   

                  双子の男の子おーくんは、1歳までミルクのみ!の頑固者でしたが、今では何でも食べ、2歳並みの小柄な体格ながらも元気いっぱい

                  3歳直前でやっと一人歩きをし、活発に行動するようになってきました。

                  言葉はカタコトですが、一生懸命話してくれます。言語と作業療法のリハビリに通いながら、かなりのスローペースでのんびり成長しています。

                  妹がかわいくてかわいくて、デレデレのやさしいお兄ちゃんです

                   

                  双子の女の子おとちゃんは、大人顔負けにペラペラとおしゃべりし、ジャングルジムだって、あっという間に上まで登ってしまう活発な子に成長。おーくんに言葉を教えたり、お姉ちゃんの真似をしたり、妹の面倒をみたり、かんしゃくをおこしたり、大忙し。

                  洗濯物をたたむのがとても上手です双子はツボが同じなのか、常にくっついて一緒に遊ぶことが多く、いつもお互いを気にしているようです。


                  4人もいると、けんかもしょっちゅう。子ども達にふりまわされっぱなしで、まだまだ余裕のない母ですが、4人でキャーキャー笑っているのを見ると、フフフ・・・と頬が緩みます

                  | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 19:58 | comments(0) | - | - | - |
                  「さくらんぼ」の話
                  0
                    AiAi双子三つ子育児の会「さくらんぼ」は、毎月第3火曜日にAiAiに集まって情報交換はじめいろんなおしゃべりをしています。

                    今日は5月の「さくらんぼ」の様子をご紹介します。

                    毎月第3火曜日の10時〜、双子とその親が
                    AiAiに集まり交流する場「さくらんぼ」。
                    今月は17日に行いました。

                     
                    冬の間、子どもの病気や、出産等で出席者ゼロ!なんてこともありましたが、今回は初参加の方を含め、5組が集まりました。

                    初参加の方は、8ヶ月の双子の男の子とママ。双子をかかえ、外出もままならない日々の中、思い切ってAiAiに出かけてきてくれました。

                     

                    初めての育児がいきなり双子で、分からないことだらけ・・・と、不安いっぱいのママさんに、双子たちが保育園児、小学生になったママたちが、自分たちの経験を話しました。

                     

                    たとえば、授乳、離乳食。(初めてのママ:新、先輩ママ:先)

                    先:「母乳でもミルクでも、同時に授乳。別々だと時間がかかりすぎて大変〜。」

                     

                    新:「離乳食を食べる時間や量が、2人そろわない、と保健師さんに相談したら、別々にあげたらどうですかと言われたけれど、それじゃ一日中食事になっちゃう!」


                    先:「毎回きちんとあげなくても、食べる時がきたら食べるから大丈夫。同時にあげて、どちらかが食べなくても気にしない。」


                    先:「いろいろ作って、ちゃんと2人に分けても、結局1つのお皿になっちゃって、ひとつのスプーンで2人に、はい!はい!ってあげてたな。」


                     

                    新:「1歳で卒乳(ミルク)しなくちゃって思っちゃって・・・」


                    先:「フォローアップミルクは3歳まであげれるよ。栄養価も高いしね。」

                     


                    あと、経済面や頼れる身内の話も。

                    先:「入園、入学で、同時になんでも倍、費用がかかるのが、痛いよね。お下がりできないし。」


                    先:「知り合いを増やして、お下がりをまわしてもらったり、バザーを利用するといいよ。」


                    先:「同居や、近くに両親がいたら、病気の時にみていてもらえるから、助かるよね。ひとりだけ病院に連れて行きたいこともあるからね。」

                     

                    最後には、やっぱり・・・双子育児って大変!という話も。

                    新:「1歳とか2歳になるっていう、先が想像できな〜い。」


                    先:「ちゃんとなるよ〜(笑)。2歳は2歳で大変。怒ってばっかりだったな。2人で協力していたずらするからね。」


                    先:「3歳になると、少しは落ち着くかな。4月に入園して、やっと自分の時間が少しもてたよ。」

                     


                    新:「なかなか外に出られなくて。ベビーカーで散歩している他のママを見ると、自分も散歩させなきゃって思うんだけど。」


                    先:「無理に散歩させなくていいよ〜。外出も大変だもん。子どもの為!って思わなくて、自分のために散歩したり、今日みたいにこうして
                    AiAiに来て、他の人と話をすればいいんだよ。」

                     

                    こんな感じで話は尽きず、大いに盛り上がり、しゃべりまくっていました。当日AiAi利用していたみなさん、お騒がせし、すみませんでした。

                     

                    さて、今月29日(日)、11時〜、AiAi下の第一キャンプ場で、さくらんぼ野外交流会を行います。マシュマロやソーセージを直火で焼いたり、豚汁を食べながら、双子、三つ子(多胎児)家庭が楽しく交流できたらと思っています。



                    多胎児育児には、先輩ママ、パパの話を聞くことってとても大事なんです。妊婦さんもぜひぜひ参加してくださいね。お待ちしています。

                    | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 05:40 | comments(0) | - | - | - |
                    病気3連発
                    0
                      2010.6.9.

                      5歳のお姉ちゃんと1歳7ヶ月の双子の弟「おーくん」、妹「おとちゃん」。
                      今回は4月下旬から3人が順番に病気になったお話です。

                      トップバッターは、おとちゃん。
                      4月下旬に急性胃腸炎で4日間の入院!
                      初日夜は夫が付き添い、あとの2泊3日はずっと母の私が付き添い。
                      その間お姉ちゃんとおーくんは、おばあちゃん宅でお世話になりました。

                      嘔吐は1日で治まったものの、下痢は続くし、熱はあるしで、食欲がないおとちゃんは、退院までずっと点滴。
                      日に日に元気になってきたら、点滴が気になって腕をブンブン振り回し、管を引っ張るのでハラハラ。看護師さんやお医者さんは見ただけで大泣き。
                      ベッド上しか動けず、ぐずっては抱っこ、ぐずっては抱っこ。
                      4日で退院できて本当に良かった〜。付き添いも寝られなくて辛かったです。
                      そして退院後、私が胃腸炎らしい症状に・・・。2日間ダウン。

                      2番手は、おーくん。
                      5月下旬、金曜日の夕方に39℃の高熱!
                      夫の帰宅を待って、夜間救急病院で解熱剤(座薬)をもらってくる。
                      突発性発疹か風邪か??という診断。
                      翌日の昼もまだ39.2℃なので今度は高原病院へ。
                      座薬を使っても夕方39.9℃!!な、何この数字〜。怖かった・・・。
                      夜中に「はっ、はっ・・・」と苦しそうな呼吸を聞くと「救急車?」と考えてしまい、私も全然眠れない。
                      翌日の日曜日も、夜になると39.5℃に。
                      月曜日、やっとかかりつけの諏訪赤十字病院へ行き、血液検査までするが、異常なし。
                      抗生剤飲ませながらも、「薬、効いてるのかなあ、何の病気〜?」と思っていたら、
                      火曜日の夜、全身に赤い発疹が出た!  これはもしかして、突発性疹!?
                      なぁ〜んだ〜、と一気に気が抜けた。

                      ラストはお姉ちゃん。
                      なんと、初めての虫歯に!それも前歯2本・・・。
                      初めての歯科医院に超緊張のお姉ちゃん。「虫歯ですね」と言われたときは大泣き。
                      私自身たっぷり銀歯があるため、子どもは虫歯になって欲しくない!と気をつけていたつもりだったので、私も大ショック。
                      お姉ちゃんは一度泣いてすっきりしたのか、その後のレントゲン撮影や歯磨きはちゃんと出来ました。が、今後通うことになるんだよね。削ったりするんだよね。
                      帰宅してから、ほっとしたのか「怖かった〜」と30分以上泣き続けたお姉ちゃん。

                      子どもの病気って、心配だし、苦しそうだと母まで辛くて泣きたくなりますよね。
                      元気でいる毎日がほっとして、ありがたく感じます。

                      さてと、靴を履き外歩きデビューをしたおとちゃんの手を引き、おーくんをおんぶして、お姉ちゃんの保育園のお迎えに行ってきま〜す。
                      | AiAiスタッフ | 双子ちゃんとお姉ちゃん | 09:31 | comments(0) | - | - | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      bolg index このページの先頭へ