blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
中学生、小学生との交流〜職場体験・社協サマーチャレンジ〜
0
    毎年恒例の学生ボランティアさんの受け入れ。
    この夏もたくさんの中学生、小学生が、AiAiで子どもたちと遊んだり、
    AiAiのスタッフとして、開館準備や閉館の清掃などの仕事をしたりしてくれました。

    6月下旬には、富士見中学校の職場体験学習の一環で、保育士や幼稚園の先生に
    なりたいんです、という数人が、7月から8月にかけては小さな子どもと関わるのが大好き!
    という小中学生10名強が、一週間ほどの間に何名かずつ来てくれました。



    以下、職場体験の中学生とAiAiの子どもたちの様子を少しですが、お届けします。













     
    中学生たち、初めは緊張した様子でしたが、すぐに子どもと打ち解け
    どんどん動く!どんどん遊ぶ!未就園児の子に合わせた遊びを展開してくれました。

    子ども達もお姉ちゃんたちが大好きになりました。
    『これからお昼食べてくるね』
    「え。ぼくもいく〜」
    と泣き出し隣に座って一緒にご飯も食べて満足。
    午後もまた引き続き遊んでさらに満足。

    さすが、若い!体力と順応性は抜群!
    いっぱい体を動かして遊んだり、危なくないか気を配ったり。
    『1日子どもと遊ぶの疲れました〜でもすごく楽しかったです』
    子ども目線にたって遊ぶ二人の姿にスタッフもとても良い刺激をもらった3日間でした。

    職場体験が終わった次の日、
    「あれ?今日はいないの」
    しょんぼりした子どもたちでした。


     
    | AiAiスタッフ | 体験レポート | 16:37 | comments(0) | - | - | - |
    恒例の…お花(桃!)見
    0
      毎年4月中旬に子どもと必ず行くお花見。

      お花は桜ではなく桃の花。

      去年、このブログでご紹介させていただいた「山梨県新府の桃源郷」。

      22日、お天気は曇りでしたが、お花は満開。





      桃の木の下には、菜の花、ムスカリ、チューリップもかわいく咲いていて、幸せ〜な気分になれました。


      毎年同じ場所で同じ楽しみを親子で共有するのって、子どもとの思い出づくりにはぴったりな気がします。

      子どもの心の中にも、きっと忘れない家族の風景として残る気がします。





       




      ピンク、きいろ、むらさき… 

      春色満載





      桃源郷からはJR中央東線の線路が望めます。

      タイミングばっちり!!でスーパーあずさが走り抜けました!

      電車だいすき!!の男の子も大喜びまちがいなし




      帰りは穴山のカフェでランチ。

      安心食材の小さいけどすてきなカフェ。

      玄米ランチとパンランチをいただきました。

      お野菜いっぱいメニューで嬉しい。

      大人と同じものを食べられるお子様なら一緒に行けそうです。




      | AiAiスタッフ | 体験レポート | 08:22 | comments(0) | - | - | - |
      防災講演会レポート
      0
         6月4日(土)、コミュニティプラザで開催された諏訪広域防災講演会に行ってきました。

        テーマは、「家庭・地域における地震対策の重要性と取り組み方法」

        講師は、危機管理教育研究所 危機管理アドバイザー 国崎信江さん



        諏訪広域、ということで諏訪や茅野からも聴きに来られていて、会場のコミプラ大会議室は満杯状態でした。


        今回の東北東日本の大震災のお話もからめて、地震にどう備えるか、どう命をまもるか、家庭で地域でしなければいけない対策について2時間たっぷりとお話し下さいました。

        その中で、子育て家庭に大切だなと感じた情報をお伝えします。


        まず、
        (の準備で安心してはいけません。
        →非常袋を準備しているから大丈夫、と思っていませんか?非常袋が役立つのは生き残ってこそ。
         まずは、命を守ることが大切。家の耐震チェックは必ず受けて、耐震性が疑われるようだったら
          耐震工事を。(約200万だそうです)
         そんなお金はない…と、やらないでいて、大事な命や財産をなくしてしまっては悔やんでも悔やみき
        れません。

        ▲ャスター付の家具やテーブルは厳禁
        →大きな揺れが来ると、これらは全て車のように部屋の中を動き回ります。
         また、「揺れたらテーブルの下へ」、は万能ではありません。よほど頑丈なテーブルでない限り、揺
        れに遭うとたとえキャスターがなくてもテーブルは動きます。

        0き出しは飛び出ます。観音開きの戸棚も開いて中のものが散乱します。
        →特に子どもの背の高さより上にある場合は、上からいろんな物が降ってくる状態に。収納している
        ものが子どもの頭上から降ってきても大丈夫なものか、確認しましょう。
         大きな箱や本、硬いものは凶器になります。
         ホームセンターなどで売っているストッパーで対処するなども有効

        2段ベッドはできれば避けた方が…
        →大きな揺れでは下の段に寝ている子どもはかなり高い確率で危険にさらされます。

        ト鷯鑞竸料は10日分
        →特に小さなお子さんのいるご家庭は、子ども用に食料の準備を。
         支援物資は被災後しばらくは来ないし、来ても最初はおにぎりやラーメンなど限られたものになりま 
        す。



        諏訪地域に大きな地震が今後10年間のうちに来る確率はかなり高いとのこと。

        国崎さんは「皆さん、緊張して生活してください」と厳しい一言をおっしゃってました。



        うちは大丈夫、ここは大丈夫

        この根拠のない安心が、災害がやってきたときに被害を大きくするのだそうです。

        小さな子どもの命を守るため、ぜひご家庭で防災について話し合い、できることから行動にうつしましょう。

        子育て家庭同士で情報交換するのもいいですね。

        みんなで考えましょ。

        AiAiも防災・非常時対策に取り組んでいます。
        | AiAiスタッフ | 体験レポート | 07:04 | comments(0) | - | - | - |
        子どもは希望
        0
           4月26日(火)、ふじみ子育てネットワークが加盟しているある全国ネットワーク団体の呼びかけで、被災地の子どもたちを元気に!!という目的で開催されたイベントに、AiAiからスタッフ2名が乳幼児から小中学生まで対象のプログラムをもって参加してきました。

          行先は宮城県南三陸町歌津中学校、家を津波に流された方の避難所になっているところ。




          (避難所から数十メートルしか離れていないところが、津波の被害に。車がとおる道がやっと確保さている状態でした。この状況をカメラにおさめるものためらわれました)


          私たちのブース以外にも、炊き出しブースや手作りゲーム(的あてとか…)ブース、かくれんぼを子どもたちと一緒にしてくれるお兄さんたちのブース、子ども用品・日用品を扱う0円フリーマーケット、などが出店していました。

          また、午後からはプロ野球チームや芸能人による野球教室(もちろん被災地の子どもたち対象)も企画されていました。

          なので、当日は避難所にいる子どもたちだけでなく、周辺地域からもたくさんの方が集まりました。

          子どもたちもたくさん来ました。


          他のブースが比較的男の子向けだったこともあり、私たちのブースは女の子のたまり場になりました。スタッフが女性だったのと、準備したプログラムに女の子向けのものがあったから。



          一番人気は羊毛のヘアゴムやヘアピンづくり。

          一つつくるのにけっこう時間を要するのに、いくつも作ってる子もいました.

          小学校も津波が来て使えなくなっていて、休校中。
          子どもたちは久しぶりにお友達と再会したようでした。


          楽しそうに、くったくなく笑いながらイベントを満喫している子どもたちを見ていると、ここが被災地だということを忘れてしまいそうでした。

          このイベントの目的である「子どもを元気に!!」は、子どもが元気だと、子どもが笑顔でいると、大人も希望が湧いてくる、大人も元気になれる、ということから決まったようです。


          確かにそうでした。

          あるお母さんが羊毛ヘアピンを作りながら、おうちが流されたことを涙ぐみながらお話してくださいました。私たちは何も言えなく…。

          でも横でその方の2歳くらいのお子さんがニコニコと遊んでいるのを見て、お母さんはすぐに笑顔をお子さんに返していました。




          子どもは希望。


          いつどんなときでも、忘れないでいたいなと思います。
          日常生活が当たり前のように送れていたとしても。


          そして、大人の心が荒んでしまって、子どもが希望どころか絶望になってしまう世の中になる前に、私たちは子どもを育てるっていことをもう一度考えることが大切なんだということも。
          | AiAiスタッフ | 体験レポート | 07:20 | comments(1) | - | - | - |
          お花見
          0
            「子どもとのんびりお花見」にお薦めのスポットを紹介します。

            韮崎市、新府の桃源郷(桃共選場)です。ちょっとした遠出。
            お花見、といっても桜ではなく桃の花です。

            今日、お昼から急に思いついて出かけました。
             風がちょっと冷たかったけど、春を感じる一日でした。

            ちょうど見ごろ、桃の花のピンクと、ところどころに植わっている菜の花の黄色がホント春らしくって素敵でした






            公園やフラワーセンターではないので、お花を観ながらお弁当、というわけにはいかないけど、近くに新府城跡があるので、そこでのんびりしてはいかがでしょう。(今日はそちらには行ってないので具体的にはお知らせできなくてごめんなさい)

            富士見はお花見にはまだもう少し。
            新府の桃を楽しんで、そのあとは富士見の桜。
            春のお楽しみお薦めコースです。

            追伸
            AiAiのある、町民広場も桜のスポットですよ〜
            | AiAiスタッフ | 体験レポート | 20:47 | comments(0) | - | - | - |
            イチゴがり
            0
              AiAi通信3月号イチオシすぽっと欄に掲載の諏訪湖いちご園に行ってきました。
              外は雪、例年だとハウスの中はぬくぬくなのに、昨日はハウスの中もシンシンと冷えていて震えながらのいちご狩りでした。

              30分で小学生以上は1,500円、園児は1,000円、園児未満は無料

              けっこうなお値段です。

              なので朝食抜きで向いましたラッキー

              ハウスの入り口で練乳のはいった容器を受取り、いざ!元を取るぞグッド



              まずは練乳をつけずに真っ赤なイチゴを選んで次々に口へ。
              初めから練乳をつけると、練乳の甘みでお腹がふくれてたくさん食べれないのです。
              それに練乳の力を借りなくてもイチゴちゃんたちの甘みで十分しあわせラブ

              お腹が少し満足し始めた頃に練乳味に変えます。
              練乳は一回だけおかわりできるそうです。

              イチゴの品種はいくつかあります。
              ハウスによって変わるのかもしれません。
              入ったハウスにある品種を是非食べ比べましょう。



              イチゴは今から旬。お友達や家族とのひとときにイチゴがりはピッタリですよ。




              | AiAiスタッフ | 体験レポート | 18:15 | comments(0) | - | - | - |
              雪遊び満喫!!
              0
                富士見では今のところ雪があんまり積もらず、子どもと雪遊びするには物足りません。

                でも、いいところみつけました!!

                原村の自然文化園!!

                先週の土曜日に行ったら、積雪10センチくらい。
                ソリ遊びも、雪玉づくりもできますよ!!
                雪の上を歩くだけでも楽しい!!

                スキー場のようにお金はかからないし、スキーヤーやボーダーもいないし、近いし、親子で思う存分雪遊び楽しめます。
                お薦めですよ!!

                ソリを持って、お友達誘って、是非!!
                | AiAiスタッフ | 体験レポート | 10:06 | comments(0) | - | - | - |
                お花見レポート
                0
                  12日日曜日、AiAi通信4月号「イチオシすぽっと」に掲載の、神代桜&眞原桜並木を観に行って来ました。ちゃんとしたお花見は数年ぶりだったので行く前からウキウキラブ

                  お昼に出発したのですが、現地周辺の道路は帰る車が国道20号に出るのに渋滞していました。現地の駐車場も混んではいたけれどすんなりとめられ、遅いスタートが良かったかも。

                  さて、お目当ての神代桜は、樹齢200年で国の天然記念物に指定されているだけあり、とにかく威厳がある古木でした。花の美しさというよりは、木そのものの命の迫力を感じました。



                  この神代桜以外にもたくさんの桜の木がありそれはそれは見ごたえがありましたよ〜。
                  やさしく春の風がふくたびに花びらがひらひらと舞う中、息子は花を観る時間より、舞ってくる花びらをキャッチする一人ゲームに興じている時間が長かったたらーっ

                  次に眞原の桜並木まで車で移動。すぐでした!



                  桜の花のトンネルも、神代桜の迫力に負けず魅力的でしたが、車が通り抜ける道でもあり、小さな子どもの手を引いてのんびり桜を観ながら…というにはちょっと危なっかしいかな〜。小さな子どもを連れてだと、車で通り抜けながら楽しむ方がいいかも。

                  どちらも、シートを敷いてお弁当を食べながらお花見というより、お花見に集中!お弁当はは後で…的なスポット。でも、周辺にお店はけっこう出ていて団子(まさしく花より団子!)や山菜の天ぷら、桜まんじゅう、ジェラートなど美味しそうな誘惑はいっぱいでした。

                  近くに武川フレンドパークがあるので、お花見のあとはそちらでのんびりお弁当やおやつを食べて遊んで帰ってもいいですね。川遊びやアスレチック、バーベキューができるようです。

                  この日曜日に満開で見ごろだったから、次の週末はもしかしたら散り始めているかな?平日に行けそうだったらお早めに〜桜

                  16日のおさんぽ隊も桜を楽しめそうです。こちらも是非ご参加くださ〜い!



                  | AiAiスタッフ | 体験レポート | 11:27 | comments(0) | - | - | - |
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << August 2017 >>

                  bolg index このページの先頭へ