blog index

AiAi日誌

AiAiのスタッフが日ごろの様子を書いています
富士見中学職業体験
0
    8月26日〜28日の3日間、
    富士見中学校2年の女子生徒さんたち4名が、職業体験でAiAiにきました。
    子育て支援や保育に興味を持っているということで、AiAiに遊びに来た小さな子ども達と積極的に関わってくれました。

    夏休み中に学生ボランティアさんが来てくれた時と同じ、子どもたちはお姉さん達大好き。♥。・゚で、お姉さんと離れたくなくて帰るのを嫌がる子続出。
    4名とも、子どもと遊ぶのが上手で、思わず「小さな子どものいる家庭一家に一人こんなおねえちゃんがいてくれたらね〜、ママの子育てもずいぶん楽になるのにね〜」とつぶやくスタッフ。









    中学生スタッフ(AOちゃん、Mちゃん、AYちゃん、Hちゃん)、AiAiに来てくれてありがとう。
    実際に体験したことで、子どもや子育てに関わる仕事について、それぞれに発見があったよね。
    「子どもって、あそびの切り替えが早くいんだな。それについていくのが大変だったけど、それを通してコミュニケーションがとれた」
    「こういう仕事の大変さを感じた。でも子ども達とたくさん遊べて楽しかった。この経験を生かせる仕事につきたい」
    「言葉が話せる子、話せない子、それぞれに遊び方を工夫した。」
    「言葉が離せない子も遊びから伝わって来るものがあった」
    みんな、きちんと発見したことを伝えてくれました。

    けっこう体力のいる仕事なんだな、とか、気遣いが必要なので少し気疲れしました、という正直な感想も話してくれました。
    お疲れ様でした。ありがとう!

    中学生の職業体験は、中学生だけでなく、私たちスタッフにとっても、そしてAiAiを利用する子どもたちにとってもいい機会です。

    また来年、どんな中学生が来てくれるかな?楽しみ♫


     
    | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 22:36 | comments(0) | - | - | - |
    富士見小6年生社会科の授業でAiAi訪問
    0
      今日は富士見小学校6年生が、社会科の授業の一環でAiAiを訪れました。

      総勢27名の小学生と先生。
      朝からAiAiに来て遊んでいた小さな子ども達は、はじめ目を丸くさせてましたが、ひととおり施設の説明をスタッフから聞き終えたおにいちゃん、おねえちゃんたちがそばに来て一緒に遊び始めたら、今度は目がきらきらきらきら

      AiAiスタッフも、小学生がこんな風に来館してくれるのは大歓迎!!

      ありがとうございました!




      まずは、スタッフから施設についての説明をさせていただきました。
      AiAiは、子育て中のお母さんたちが自分たちで形にしていった施設だということをお話ししました。



      お話が終わり施設内を見学した後は、利用しているお母さんに質問をしたり、小さな子ども達とあそんだりする時間。


















      少しの時間でしたが、小さな子ども達が毎日AiAiでいろんな体験をして過ごしていること、そしてお母さんたちが子どものために、自分自身健やかに子育てするための工夫を日々しているんだということを、なんとなく感じてもらえてたらうれしいな。


      バスのお迎えの時間になり、楽しい時間があっという間に「さよなら、またね」の時間になりました。


      名残惜しくて手をふり続ける子もいました。

      夏休みには是非あそびにきてね!










      こちらはおまけ。

      昼下がり、絵本コーナーではおかあさんがカルタを読み上げる声が…。
      パン!!と札を取る音も聞こえます。


      まさか、この年でカルタ取りができるの〜?!



      子ども達、お母さんが読んだ文章に合った絵を探して、札を取っていたのでした。

      そっかそっか、カルタって文字がわからないとできないと思っていたけど、そんなことは大人の固い頭の思い込み、だったのね。


      ちなみにこのかるた、富士見町健康かるたで、
      「たばこのすいすぎは〜」なんて文章なのですよ(笑)
      | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 10:09 | comments(0) | - | - | - |
      富士見町子ども子育て支援ニーズ調査
      0
        富士見町に生まれた子ども達が健やかに育ち、親が親の責任を果たす子育てをしやすくするために、行政が今後どのような支援に取り組んでいくかの指標にするため、子育て家庭対象にニーズ調査が町によって実施されます。

        0歳から小学校3年生までのお子さんを育ててらっしゃるご家庭の保護者が答えるアンケートです。

        近々お手元に届きます。

        20ページ弱のボリュームあるアンケートで、子育て中は親が自分のためにゆっくり時間を取るなんてことなかなかできませんから、「そんなたくさんのアンケートに目を通す時間なんてないわ〜」という声が聞こえてきます。

        そこをなんとかやりくりして、皆さん、ぜひアンケートに答えて提出しましょう。

        私たちの子どもが健やかに育つ為に、私たちが責任を持って子育てをするために、行政にどのような支援を求めるのかを、アンケートに答えて伝えましょう!!

        ひとり一人の声も、集まれば大きな声になりますDocomo118
        | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 23:47 | comments(0) | - | - | - |
        民生児童委員の皆様、ありがとうございました
        0
          AiAiはご存じのとおり林のなかにあり、この季節、屋根に落ち葉が積もる積もる…。
          積もった落ち葉は、「とゆ」に溜まり、つまりの原因になります。

          でも、この屋根の落ち葉を落とす作業はスタッフではなかなかできない作業です。

          数年前に、民生児童委員の皆様がAiAiの視察にいらした時に、AiAiは子連れの女所帯で…なんてお話をしたところ、「そういうことなら、やってあげるよ」と、屋根の松葉落とし、砂場の整備などをして下さるようになって、毎年この時期に作業に来てくださいます。

          今年は、夏前にも一回来て下さって、先日は二回目の作業でした。
          屋根の上では、男性委員の方が機械で葉っぱを吹き飛ばすなどハードな作業、女性委員の方はとゆの掃除をしてくださっていました。
          そして、AiAiの和室前では、吹き飛ばされた葉っぱを集めては運び出す作業を。

          「すみません。本当にありがとうございます。」ってお礼をもうしあげたら、
          「いいよ、いいんですよ。」

          この「いいよ、いいんですよ」って言葉が本当にあったかいですね。

          AiAiが子どもたちや子育て中のお母さんたちの居心地のいい場所であり続けるためには、こんな風に支えてくださる方の存在が大切です。子育てがんばろって思います。

          民生児童委員の皆様、本当に、本当に、本当にありがとうございました。










           
          | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 06:23 | comments(0) | - | - | - |
          富士見町生活展
          0

            13日、20回以上続く町の大きなイベント(?)、「生活展」に
            ふじみ子育てネットワークで出展しました。

            「子育てひろばAiAi」や「野外保育森のいえ“ぽっち”」「あそびば」などの
            活動紹介写真パネルの展示とカフェをオ〜プン
            子どもたち向けに、消しゴムはんこでオリジナルはがき作りコ〜ナ〜も。


            開店早々、開会式典に来られた小林町長が、立ち寄ってくださいました。
            スタッフが、活動の様子を説明しています。

            町長のお話ですと、富士見町はこのところ、子育て支援が充実していると評判で、
            わざわざ富士見を選んで転入してくる方がいらっしゃる、とのこと。

            そして、今年上半期の出生数が、昨年の同じ時期に比べて30人も多いのだとか!

            町、そして私たち子育て当事者が、今何が必要かを考え、
            少しずつ少しずつですが、子どもや子育て家庭の環境を
            良くするためにしてきたことが、芽吹いて来たのでしょうか?

            だといいですね。

             

            カフェのテーブルに並んでいるのは、スタッフ手作りのクッキ〜たち。

            プロ顔負けの秀作ばかり。



            でも、子どもたちははがきに消しゴムハンコをポンポンとスタンプしてつくる、
            オリジナルはがきづくりの方がよかったみたい。
            小さな子から小学生まで、楽しそうでした。

            カフェの方はもっぱらお母さん、おばあちゃんたちの憩いの場。

            クッキ〜が美味しい!!とたくさんの方が立ち寄ってくださいました。
            今のおやつと昔のおやつで話が盛り上がり、
            少し前までは子どものおやつの定番と言えば
            「うすやき」だったと教えていただきました。

            皆さん、ご存じですか?

            小麦粉に牛乳とお砂糖を少し入れて混ぜて焼いたり、
            アレンジで、ご飯や、野菜、お味噌を入れて焼いたり、
            家庭それぞれの味があるそうです。

            体によさそう。

            子どもと一緒に作れるのがまたいいのよ〜、だそうです。



            うちは核家族、こんな風な話を聞く機会もあまりなく、ちょっと“先輩”に
            子育てのヒントを教えてもらえるのっていいな〜、と感じた一日でした。


            生活展、ほかにもいろんな団体がたくさん出展していて、
            一つひとつが個性的だし、子ども向けの体験コーナーもいくつかあり
            おもしろかったですよ。






            | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 18:10 | comments(0) | - | - | - |
            てとてと広場〜楽しいひとときでした〜
            0
               
              昨年から登場。てとてと広場のシンボル??
              リヤカーバス。
              今年は小学6年生のお兄ちゃんたちが、小さな子どもちを乗せて、たくさんたくさん走ってくれました。大人気でした。(お疲れ様)



              子ども商店街側からマーケットエリアを望むとこんな感じでした。




              さて、ステージは…

              自転車で登場した紙芝居屋さん
              タイムスリップしたかのようでした。子どもたち釘づけ。



              町商工会婦人部の皆さんのフラ。華やかなやさしい雰囲気に包まれました。



              今年初登場。町スポーツ少年団、「鼓笛隊」
              かっこよかった〜



              同じくスポーツ少年団「バトントワリング」
              上手でした〜



              峰丈流護身武道(空手)のステージでは、板を拳や蹴りで割るシーンにびっくりしました。



              八ヶ岳シャンティーユニオンの皆さんの心地よい音楽は、昼下がりのてとてと広場にやさしく響きました。



              終わるころ、子どもたちから「来年はいつ?」「てとてと、楽しい〜!!」「来年のお店のこと、もう決めた!」とうれしい言葉が。

              ママやパパたち、お店を出してくださった皆さんはいかがだったでしょう。


              スタッフも来年を楽しみに、一年間いろんな楽しいこと考えて、あたため、育てておきます!!


              | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 14:21 | comments(0) | - | - | - |
              てとてと広場〜楽しいひとときでした〜
              0
                 子ども商店街、子どもたちが企画準備とすべて自分たちで取り組んだ店たちです。


                手作りのコリントゲームと射的やさん



                羊毛とクルミの殻でひとつひとつ手作りしたストラップやさん
                同じものはひとつもありません。



                手作り品オンパレード。目移りします。



                こちらもゲーム屋さん。低学年のお店。





                今回初めての出店、森のいえ“ぽっち”のブースは、お母さんたちのアイデア満載。

                たき火カフェ、保育の様子の写真展、ぽっちのエピソードをまとめたボードなどなど



                そしてぽっち保育士による“森のようちえん体験”
                野外保育のエッセンスを感じていただきました。
                | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 14:16 | comments(0) | - | - | - |
                てとてと広場〜楽しいひとときでした〜
                0
                  9月25日、今年もお天気に恵まれ、過ごしやすい一日となりました。

                  子どもたち、子育て家庭を中心にいろんな人たちが交流できるといいな、と願って開催しました。

                  この日、ここで過ごした子どもたち、大人の皆さんが、それぞれに楽しい時間と感じてくださっていたら嬉しいです。


                  そんなスタッフの願いの象徴になっていたシーンが、子ども商店街のおおきなシーソーでした。



                  商店街にお店を出した小学生が…




                  森のいえ“ぽっち”の子どもたちが…






                  ステージ発表してくれた小学生が…




                  そして、昼下がりには、小学生、園児、大人が一緒に…

                  知らない同志も混ざっています。
                  知らない同志でも、楽しい時間をひとときですが、一緒に過ごしていました。








                  広場の中では、子どもたちは安心して自由にころげまわります。




                  もくもくと泥あそびします。




                  宝物のように大事に持ち帰ります。




                  会ったばかりなのに引いてあげます。




                  大人も一緒にのんびりします。




                  ママたちのおしゃべりもはずみます。
                  | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 13:37 | comments(0) | - | - | - |
                  てとてと広場
                  0
                     今月のAiAi通信、裏ページにも掲載していますが、今年も開催します「てとてと広場」

                    子育て家庭、子どもたちを中心に、地域の輪が広がればいいな〜と願って行います。

                    今回は新しく森のようちえん体験を計画中。
                    ふじみ子育てネットワークが運営している森のようちえん〜森のいえ“ぽっち”〜に、今お子様を通わせていらっしゃるお母様がたにご協力をいただいて、普段の保育に少しだけ触れていただける内容を考えています。
                    特徴ある保育で、子どもたちがどんなふうに過ごし、どんなふうに育っているか、お母さん達にぜひ聞いてみてくださいね。

                    マーケットは、「子どもたちやママの体にやさしい」がなんとなくのテーマになっています。
                    子育て中のママやパパのお店も並びます。
                    富士見町内や近隣市町村でお店を出されている方がほとんどです。てとてと広場でいい出会いがあったら、是非長いおつきあいにつなげてくださいね。

                    もうひとつのてとてと広場の目玉、小中学生が中心に場づくりをする子ども商店街や遊びのスペース。
                    まだまだ発展途上ですが、いきいきとした子どもたちの笑顔をぜひ見にいらしてください。

                    てとてと広場は今年で3回目。

                    子どもを育てるように、ゆっくりゆっくり進化させていきたいと思っています。





                    地域交流イベント「てとてと広場」
                    9月25日(日)10時〜15時
                    町民広場第1キャンプ場(雨天時はコミュニティープラザ)
                    ※雨天時の当日の会場確認は、AiAiHPでできます。
                    | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 08:49 | comments(0) | - | - | - |
                    あそびば
                    0
                       AiAiを運営している、NPO法人ふじみ子育てネットワークは小学生対象の事業にも取り組んでいます。

                      そのひとつに、小学校放課後のあそびばがあります。
                      開設しているのは富士見小と本郷小。

                      水曜日の放課後に、学校近隣の林で、30~50人の子どもたちが学年を越えていろんな場面で関わりを持ちながら元気に遊んでいます。


                      そのあそびばに昨年春あたりからAiAiに遊びに来ていた子どもたちが参加するようになりました。
                      AiAiができてもうすぐまる5年。当初来ていた子たちは、そう、もう小学生になってるんです。

                      今日も本郷小のあそびばにAiAiに来ていた子が参加しに来ました。
                      さすがに小さい頃のことで、本人はAiAiスタッフでもあるあそびばのスタッフのことは「初めて会う人」って感じでしたが、お母さんはよく覚えてくださっていて「また会えましたね~」とお互いになつかしくご挨拶。

                      あんな小さかったのに…大きくなったね~…
                      なんだか感慨深い…

                      たくさんの子どもたちの成長をお母さんとともに喜べるって、本当にスタッフ冥利です。

                      ということで、今日は小学校のあそびばの様子を少しですが写真でご紹介します。




                      ↑閉校した美術大学からいただいたついたて(?)をストラックアウト板にしよう!とアイデアを出し合って作成作業中




                      ↑本格的なターザンロープ。こう見えてけっこう高さがあり、低学年にはハードルが高い。
                      高学年も乗ったはいいけど降りるのこわいよ〜って子も…





                      ↑廃材を運び集め秘密基地建設中。秘密基地というけど、どこからでも見えるのはいいの??
                      男の子はなぜ秘密基地を作りたがる??




                      ↑自分の体重を手で支える遊びは、体力をつけるのには必須〜




                      ↑学年を越えて、男女入り混じってこんな風に遊んでる光景は、学校ではあんまり見かけないかも。
                      横でなんとな〜く見ている子たちも、気持ちは「一緒に遊んでる」なんだろうな〜





                      ↑こんな細いロープを鉄棒がわりにして遊べるなんて、すごい!





                      ↑このネット登ってみると見た目よりけっこうこわいんです。ましてや高いところで体をこっち向けにするなんて、慣れてるね~。











                      | AiAiスタッフ | 富士見町topics | 22:10 | comments(0) | - | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      bolg index このページの先頭へ